不死化歯髄幹細胞順化培養液

不死化歯髄幹細胞順化培養液

ヒトの体は数十兆個の細胞から構成されていますが、それぞれの細胞には寿命があり、寿命を終えるとまた新しい細胞に入れ替わるという営みを繰り返しています。

それらの新しい細胞の元となり、必要な細胞に分化(変化)する能力を持っている細胞が「幹細胞」です。

幹細胞は弱った細胞を修復したり活性化させる他、日々減っていく細胞を補う働きも持っています。

幹細胞のの持つこれらの働きが年齢と共に弱まってくると、肌の若々しさに不可欠なコラーゲンやヒアルロン酸などを作る力も減少し、しみ・しわ・たるみ等が発生しやすくなります。

一般的に、体内の幹細胞の再生力が優れている人は老化しにくく、幹細胞の再生力の低い人が老化しやすいと言われています。

DARWINの製品は、乳歯の幹細胞を培養することで生み出される「培養上清」を主成分として使用しています。この培養上清には、細胞を活性化させる再生因子をはじめとする様々な生理活性物質が凝縮されています。

「不死化」技術とは

不死化技術とは、優秀な遺伝子を持つ「エリート幹細胞」を不老不死にする再生医療の最先端技術です。
(現在9か国の国際特許)

一般の幹細胞は数週間ほどの寿命しかなく、その後は死滅してしまいます。そのため、幹細胞培養液の製造を続けるには常に原料となる幹細胞を集め続けなければなりません。
※主な原料源は、美容外科での脂肪吸引等によって採取される医療廃棄物の脂肪細胞です。

それに対して「不死化」技術は、厳選されたエリート幹細胞を不老不死化することに成功。
“半永久的”に同一のエリート幹細胞を用いて培養上清を製造し続けることが可能になりました。

これにより、幹細胞培養液を製造する際にロットごとに異なる幹細胞(医療廃棄物等)を原料として使わなければならないという問題を完全に解決することができたのです。
※2022年現在、製造ロットごとに同一の培養上清を作ることの出来る世界に唯一の技術です。

DARWIN製品に使われている培養上清は、「不死化」されたエリート幹細胞をを用いて作られたものであり、毎回同一のエリート幹細胞を使ってた最高品質かつ均質な培養上清です。

歯髄幹細胞の優位性

幹細胞培養液の製造で用いられる幹細胞は、主に脂肪・骨髄・さい帯血・胎盤・歯髄の5種類から採取されます。
(9割以上は脂肪が使われています)

歯髄は歯の中心部分にある細胞で、歯の硬い層にガードされているため、遺伝子に傷が付きにくく良質な幹細胞を多く含んでいます。

DARWIN製品に使われている培養上清は、他の幹細胞に比べて再生力が圧倒的に高い「歯髄幹細胞」の中でも特に優れた「乳歯」の幹細胞を使用しています。

ドナーや採取経路も確立されている希少な乳歯で、その歯髄から選りすぐりのエリート幹細胞を選んで培養を行っています。そのため、安全性・安定性および信頼性の高い優れた培養上清を作り出すことが可能となるのです。

「培養液」と「培養上清」

一般的に「幹細胞培養液」と呼ばれているものは、生理活性物質以外にも多くの不純物を含んでいます。それに対して「培養上清」とは純粋な再生因子(生理活性物質)のかたまりのようなもので、幹細胞培養液からわずか数パーセントしか採取できない貴重な成分です。
培養上清は純度が非常に高く、機能的にも非常に優れたものとなります。

※ DARWINの製品が使用している幹細胞培養液は「培養上清」です。

幹細胞の「由来」による比較

幹細胞培養上清には、脂肪由来・臍帯血由来・胎盤由来・歯髄由来など様々なものがあります。
それぞれを比較すると、歯髄由来のものが最も多くの再生因子をつくり出します。

不死化歯髄幹細胞順化培養上清は、歯髄の中でも幹細胞の量と質が圧倒的に優れている『乳歯の歯髄』を使用しています。
法的な手順を踏んだドナーと正式な経路から提供されているため、安全性の面からもより安心できると言えます。